FC2ブログ

プラスチックの基礎知識、材料についてなど わかりやすくお伝えします。

押出し成形(エクストルージョン)

押出し成形はロッド(棒状のもの)、パイプ、あるいは異形バーなどのような
連続した一定断面をもつ長尺の製品の製造に使われます。

押出し機(エクストルーダー)のホッパーから加熱シリンダーに
熱可塑性(ねつかそせい)の材料を供給して、これをスクリューで
練りながら加熱溶融して、加熱シリンダーの先端部に取り付けられた
ダイ(金型)を通して、プラスチック材料を外に押出し、水路をとおり、
そこで材料が冷やされ、その後は必要な長さにカットされ、製品化されます。

弊社では射出成形をメインにしておりますが、協力工場体制をとっておりますので
押出し成形の取り扱いもしております。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する