プラスチックの基礎知識、材料についてなど わかりやすくお伝えします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラスチック用語をわかりやすく説明していきます。  まずは「ゲート」について

射出成形においては必ず金型で溶融した成形材料を製品に注入す
るための入り口を「ゲート」或いは「ゲート口」と呼んでいます。
英語では「gate」 「門」とか「出入り口」などの意味ですよね。
身近なところで言えばプラモデルなどの作成の際に製品部分を
切り離す部分 そこが「ゲート」です。おわかり頂けましたか?
またゲート部をニッパーなどで切ることを「ゲートカット」と
言います。そのまんまですが・・・(^_^;)ご理解下さい。
射出成形の商品には必ずゲート口がどこかにあるはずです。
身近なプラスチック製品を改めて見てみるとよくわかるはずです。
でも作成側からするとゲートはできるだけ残らず、見えにくくしたいので裏側や見えにくい部分にもっていったりしますのでわかりにくい場合もあります。
「ゲート」と一口に言っても大きく分けて
1.サイドゲート
2.ピンゲート 
3.サブマリン(トンネル)ゲート
4.ダイレクトゲート
などに分かれます。
また後日 順番に説明して行きます。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。