プラスチックの基礎知識、材料についてなど わかりやすくお伝えします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5大汎用樹脂

プラスチックと一言でいえば簡単ですが、その奥は大変深いものです。
材料だけを取り上げましても、大変な種類があります。
大きく分けて熱を加えると固くなる熱硬化性樹脂と
熱を加えると柔らかくなる熱可塑性樹脂に分かれます。
日本国内の全プラスチックの中ではおおよそ
熱可塑性プラスチックが80%以上
熱硬化性プラスチックが20%以下の比率といわれています。
射出成形では熱可塑性プラスチックを使用します。
まずは熱可塑性プラスチックの中でも代表的な「5大汎用樹脂」をご紹介します。
1.スチロール樹脂(PS)
2.低密度ポリエチレン(LDPE)
3.高密度ポリエチレン(HDPE)
4.ポリプロピレン(PP)
5.塩化ビニール樹脂(PVC)

皆さんもどこかで一度は聞いたことがありませんか?
プラスチックは用途に応じて使い分けられています。
これからはそれぞれの特徴などについてご紹介していきます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。