プラスチックの基礎知識、材料についてなど わかりやすくお伝えします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイレクトゲートについて

ダイレクトゲート
写真のように中央部の白く色の変わった部分がダイレクトゲートをニッパーで
切り落とした跡です。この製品はパーツボックスのウラ部です。
この商品はニッパー仕上げだけのようですが、商品によっては
きれいに仕上げるのにニッパーでは3ミリほど残して後はボール盤仕上げ
する場合もありますが、手間とコストがかかり最近ではあまり見られません。
ゲート跡の大きさは直径5ミリほどあります。
その為ダイレクトゲートは外見の美しさを求められる商品にはあまり採用されません。
いわば大型バケツ、ボックスなど丈夫で、頑丈さなどが求められる商品
に用いられています。金型構造も最も単純なのでコストメリットもでます。

スポンサーサイト

ピン(ポイント)ゲートについて

コップPG_convert_20090128132615

ピン(ポイント)ゲートにつきましても上の写真のように製品の中央部にある
小さな点(ピンポイント)から樹脂を注入していますので
ピンゲートもしくはピンポイントゲートと呼んでいます。
特徴はゲート跡が目立ちにくいことと、
サイドゲートのようににニッパーで切らなくても良い点です。
金型が開くと同時にランナー部と製品部が自動的に
切断されるように作られています。
大きな成形品の平面に多点のゲートを設けたりする場合にも
使われたりしています。
写真の商品は自社商品の蛍光グラス(PS樹脂+超蛍光染料使用)のソコ部です

サイドゲートについて

gate3.jpg

上の写真を見ていただければ「百聞は一見にしかず」で
おわかりいただけましたでしょうか?
樹脂を商品のヨコから注入しているので
「サイドゲート」と呼んでいます。
上の写真を説明しますと同じ形のものを4ケ金型に彫っています
ので「4ケ取り」といいます。
大まかに説明しますと商品のゲートにたどり着く前に
樹脂はランナー(runner「樹脂が走るの意」だと思われます)
→ゲート→商品の順に流れていきます。
金型から出てきた商品をゲート口でカットして出来上がりです。

プラスチック用語をわかりやすく説明していきます。  まずは「ゲート」について

射出成形においては必ず金型で溶融した成形材料を製品に注入す
るための入り口を「ゲート」或いは「ゲート口」と呼んでいます。
英語では「gate」 「門」とか「出入り口」などの意味ですよね。
身近なところで言えばプラモデルなどの作成の際に製品部分を
切り離す部分 そこが「ゲート」です。おわかり頂けましたか?
またゲート部をニッパーなどで切ることを「ゲートカット」と
言います。そのまんまですが・・・(^_^;)ご理解下さい。
射出成形の商品には必ずゲート口がどこかにあるはずです。
身近なプラスチック製品を改めて見てみるとよくわかるはずです。
でも作成側からするとゲートはできるだけ残らず、見えにくくしたいので裏側や見えにくい部分にもっていったりしますのでわかりにくい場合もあります。
「ゲート」と一口に言っても大きく分けて
1.サイドゲート
2.ピンゲート 
3.サブマリン(トンネル)ゲート
4.ダイレクトゲート
などに分かれます。
また後日 順番に説明して行きます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。