プラスチックの基礎知識、材料についてなど わかりやすくお伝えします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塩化ビニール樹脂

早くも5大汎用樹脂の最終の塩化ビニール樹脂PVCのご紹介です。
一般には「エンビ」と呼ばれ、硬質塩ビ、軟質塩ビに分かれます。
透明性もよく、耐薬品性に優れ、押し出し成形では水道管、
雨樋、波板などの建材などに使用されている。
射出成形では塩ビの成形は専用機でないと成形機のスクリューが
錆びるなどの理由で対応できるところが少ないのと
環境ホルモンの関係で燃やすとダイオキシンが発生するなどと
悪者にされ、あまり使用されていません。
ただ先に述べた水道管のようにその性能は他の樹脂に変えられない
優れた点があるのも大きな特長である。
スポンサーサイト

ポリプロピレン(PP)

一般的に略して「ピーピー」と呼ばれています。
特徴はPEとよく似ており、PEより高温度に強く耐熱性がよい。
光沢もPEより美しい。但し低音による衝撃性は劣る。
比重が小さく、機械的性質のバランスがよく、
耐熱性、耐水性、耐薬品性に優れる。
用途もPEとよく似ている。
自動車部品をはじめとする工業用途や各種容器、
日用雑貨品など幅広く利用されている。

高密度ポリエチレン(HDPE)

高密度ポリエチレン(HDPE)は低密度ポリエチレンに比べ
硬さがあり耐熱性もあり、煮沸に耐え衝撃にも強い。
また硬度調節のためなどでの低密度ポリエチレンとの
ブレンド使用も多様されています。
主な用途としては食器類、バケツ、ピールや酒のコンテナ、
化粧薬品のボトル、水筒などです。
加工法は射出成形とブロー成形が多い。

低密度ポリエチレン(LDPE)

一般的にはポリエチレンを総称で略して「ポリ」と呼んでいます。
略号はPEです。
ポリエチレンは大きく
低密度ポリエチレン(LDPE)=高圧ポリエチレン
高密度ポリエチレン(HDPE)=中低圧ポリエチレンに分かれます。
低密度ポリエチレンは高圧法でつくられるポリエチレンです。
原色は半透明から乳白色です。
おもな用途は包装用の袋・フィルムなどです。
衛生的に無毒であり、柔軟性に富んでおり、耐薬品性にも
優れています。その他用途としては玩具、パイプ、台所用品、
各種容器などに使用されています。



スチロール樹脂(PS ポリスチレン)

スチロール
一般的にはスチロールと呼ばれています。
略して「スチ」とも呼ばれています。
正式にはポリスチレン樹脂で 略称はPSです。
写真にあるのがスチロールです。見ての通り大きさも形状も米粒の
ような感じです。これを一般では「樹脂ペレット」と呼んでいます。
特徴としては透明性に優れ、自由に鮮明な着色ができます。
また成形性、寸法安定性にも優れ、電気絶縁性も良い。
用途としては家庭日用品や、台所用品、玩具、多くの電気製品等に大量に使用されています。
耐油性、耐薬品性、対衝撃には難点があります。
ミノルキューブもスチロール樹脂でできており、グレードとしては
スチロールの中でも衝撃に強いタイプを使用しています。

5大汎用樹脂

プラスチックと一言でいえば簡単ですが、その奥は大変深いものです。
材料だけを取り上げましても、大変な種類があります。
大きく分けて熱を加えると固くなる熱硬化性樹脂と
熱を加えると柔らかくなる熱可塑性樹脂に分かれます。
日本国内の全プラスチックの中ではおおよそ
熱可塑性プラスチックが80%以上
熱硬化性プラスチックが20%以下の比率といわれています。
射出成形では熱可塑性プラスチックを使用します。
まずは熱可塑性プラスチックの中でも代表的な「5大汎用樹脂」をご紹介します。
1.スチロール樹脂(PS)
2.低密度ポリエチレン(LDPE)
3.高密度ポリエチレン(HDPE)
4.ポリプロピレン(PP)
5.塩化ビニール樹脂(PVC)

皆さんもどこかで一度は聞いたことがありませんか?
プラスチックは用途に応じて使い分けられています。
これからはそれぞれの特徴などについてご紹介していきます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。